声は人のイメージ印象の4割を決めていると言われています、アメリカの心理学者によると見た目だけではなく、感じのいい人だと感じるのは話の内容より、

声質から明るさや優しさ、柔らかさが感じられるかが重要というもので、声の素敵な人ほど恋愛成功率が高いと言われています

女性は、好意をもつ異性の前では普段よりも1トーン声が高くなります。緊張のために、喉に力が入って声帯が細くなり、声のトーンが高くなるからです、

 

もし女性が1トーン高い声、かつ緊張したしぐさで話していたとしたら、気になる男性と話している可能性が考えられます

女性が低い声の男性を好むように、男性は女性の高い声に魅力を感じる本能がありますので上手く引き合ってると言えます

 

女性は脈ナシの時にこんなしぐさをとる

女性は男性よりも警戒心の強い生き物なので、本当に嫌いな人とは視線すら合わせません、ただし、目があったからといって必ずしもあなたと好意をもっているとは限りませんが、

が合った後に、女性が下を向いた場合、これは、あなたに興味のあるサインです

 

相手を好きにさせる「類似性の法則」

人が自分と同様の好みや考え方を持っている、似ている人間に対して好意を抱くことを「類似性の法則」と言います。初対面の人だったとしても親近感を覚えます、

なので「好きなものが同じ」だと、「考え方や価値観が似ている」と判断され、付き合いの最初から友好的な関係を築くことができます。

 



まずは、相手の情報を聞き出すために最初に自己開示から始めてみることです。

なぜはじめに自己開示した方がいいのかと言えば、「自己開示の返報性」という心理が働き、あなたの情報を相手に伝えるほど、相手も情報をさらけ出してくれやすくなるので、結果的に距離感がグッと縮まります

こういった訳からも、自己開示をしておいた方が、類似性の法則の成果を最大限に活かすことが可能です。

例を挙げると、「自身は〇〇という名前で、〇〇出身です」というのも自己開示ですし、「〇〇で働いていて、彼女がいません」という情報を相手に与えるのも、自己開示です

 

似てるところを探す!類似性の法則を発揮する

秘訣としては、相手と自らが似ているところの話で盛り上がり、長引かせる事です、話すスピードやトーンも同じく、相手と同じようなスピードとトーンを意識してみてください

一方で注意すべきポイントは、相手の動作を露骨に真似し続けてしまうと人によってはいい気分になれない人も、もちろんいます。はじめから最後まで相手の動作を真似する事は逆成果となります

秘訣としては、話しが途切れた時などに相手が水を手にする事やスマートフォンを手にする時など、相手の動作を真似してみることです

 

「好き」は目を見ればわかる、

女性は、あなたに好意がある場合、他の人には目もくれずに、あなたのことを直視します。瞳の奥を覗き込むことで、多くのことを見分けられます

もし、見つめていない場合は、興味がないのです。女性の瞳を見つめ返すことで、多くの情報を得られます

人は刺激を感じている時、瞳孔が拡大します、ワクワクできる何かを見ていると私達の体は反応するのです、

彼女のサインは、わかりずらいかもしれません、でも楽しそうにしていて、瞳孔が開いているのなら、脈アリサイン